今年最初(最後かな?)の青春歌会!(^O^)

★「2011楽しく歌おう会」★

★日 時:2011年11月13日(土) 午後1時〜9時
★場 所:ビックエコー 池袋西口店
★参加者:男性5名、女性3名。
★内 容:ジャンルを超え、いい歌をいっぱい歌おう!


★左から、丸、青春、ヒロ、愛、かん、タケ  ★右写真は、かんと石が交代。花子は早退(敬称略)

今年初めての歌会となった11月13日(日)の朝は、小雨が降った寒い前日とは打って変わって爽やかな秋晴れ、いや青春晴れの暖かい一日となりました。(^_-)v
久々の青春仲間たちとの再会、それに初参加メンバー2名を迎えるワクワク感に、私の青春の胸の血は、いつも以上に高鳴っていました。(ドックンドックンと・・・「心筋梗塞」の余波かな?ははは)(^^;)

花子と、ひと足先に会場となるカラオケボックスに到着し準備をしていた12時40分過ぎ、私の携帯電話がルルル・・・と着信しました。初参加の石さんからで、会場のカラオケボックス前に早々に到着との事。
NETで3ヶ月ほど前に知り合った石さん。何度かメール交換はしていたものの会うのはこの日が初めて。でも、入口へ行くとひと目でこの人と分かりました。石さんの方もそんな感じで私を見つけてくれたようで、お互いが以前から知り合いかのように握手を交わしました。

挨拶がてら立ち話をしていると、そこに現れたのが同じく初参加のヒロさん。ヒロさんは花子の歌仲間で、あるカラオケ大会に参加した時に奥さん共々知り合い、私と年齢が近いこともあり(ヒロさんが1歳下)「ぜひ青春さんの歌会に参加したい」とのことで今回参加してもらいました。
そして、レギュラーメンバーのタケちゃんとかんちゃんも時間ピッタリに到着しました。丸ちゃんと愛ちゃんは、少し遅れると連絡をもらっていたので、4人を案内して会場に入り、私から簡単に皆さんを紹介して午後1時過ぎ、青春オフ「2011楽しく歌おう会」の幕開けです。まずは恒例ののど慣らし曲「青春オフ会の歌」を全員で合唱しスタートです。(^^)/

まず私の1曲目は、平成の歌謡ながら60年代の青春歌謡の匂いがする千昌夫の「乾杯しようぜ」を選曲しました。
続いてかんちゃんが歌う1曲目は、石川さゆりの新曲「緑のふるさと」。誰もが「これって、石川さゆりの歌なの?」と驚いた曲で、青春歌謡風のリズミカルな歌謡演歌です。さすがはかんちゃん、いい選曲!(^^)v
お次はタケちゃんが「皆さんお久しぶり〜!」とばかり、小柳ルミ子の「お久しぶりね」を熱唱。

・・・と、そこへ私の携帯が着信。愛ちゃんからです。最寄駅に着いたが、いつでも夢男さんに連れられて来ていたので、一人では会場の場所が分からないとの事で、私が駅出口まで迎えに行きました。
この間に、花子が「リンゴの花咲く町」を、そして、石さんが「美しい時代をもう一度」、ヒロさんが「白いブランコ」を歌唱したようですが、残念ながら聴き逃してしまいました〜。(_)

私の2曲目は、場の盛り上げにはピッタリの曲、橋幸夫の「恋をするなら」です。ヒロさんにもマイクを回し、会場は一気に青春モード全開です!
その後は、花子と久々のデュエット「若い東京の屋根の下」や「始めからもういちど」「十七才のこの胸に」「あゝ青春の胸の血は」の定番の青春歌謡、そしてオフ会では初披露の「あこがれ」「舞妓はん」、丸ちゃんとのコラボ曲「男と女の破片」などたっぷり歌わせてもらいました。

そして初参加者がいることもあり、私の締め曲は青春歌謡の代表作「高校三年生」を選びました。(^^

かんちゃんの2曲目は、今年5月に残念にも他界した安達明の「女学生」を。
その後も「あゝりんどうの花咲けど」「涙になりたい」などの青春歌謡、そして「怪傑ハリマオ」「母の鞄」「結婚しようよ」など、今回も多彩なレパートリーを披露してくれました。
そして、かんちゃんの歌い納めは「ふるさとのはなしをしよう」で、いつもながらの心地良い節回しで聴かせてくれました。(^^

愛ちゃんの駆け付け1曲目は、キャンディーズの「春一番」を選曲し、タケちゃん、花子とのトリオで盛り上げてくれました。(^^)/
その後は「大阪ラプソディー」「愛人」「二輪草」「流恋草」など演歌・歌謡曲を披露。異色は・・・と言うか驚いたのは、舟木の「初恋」など。

続いてタケちゃんは、水前寺清子の「いつでも君は」を選曲。会場はジェンカのリズム(懐かしい〜)に溢れます。♪ライトキックライトキック〜レフトキックレフトキック〜前へピョン後ろへピョン〜ピョンピョンピョン!

続く花子は、浅田美代子の「赤い風船」。ご存知のあのフレーズ・・・♪あのこは〜どこのこ〜 音程がどこかへ行ってしまいます。と、ヒロさんが「ボクは、この歌が好きだから、あまり下手に歌わないでぇ〜」と哀願。(^^;)
(レポート未完)

※リンクされている曲名はクリックすると、YouTubeのUP曲が再生されます。(ボリューム等にご注意下さい)(^^♪

♪参加者の歌唱曲一覧(歌唱順、敬称略)

■オープニング:「青春オフ会」の歌(「美しい十代」の替え歌)
■中間:青春仲間(「アイビー東京」の替え歌)
■エンディング:「青春オフ会」の歌、
仲間たち(替え歌)

■青春:乾杯しようぜ(千昌夫)、恋をするなら(橋幸夫)、若い東京の屋根の下(橋・吉永)&花子&石、始めからもういちど(西郷輝彦)&石&丸、数寄屋橋ブルース(三田明)、.あこがれ(永田英二)、あゝ青春の胸の血は(舟木一夫)、舞妓はん(橋幸夫)、十七才のこの胸に(西郷輝彦)、男と女の破片(前川清)&丸、愛の終りに(布施明)&ヒロ、高校三年生(舟木一夫)&ヒロ

■かん:緑のふるさと(石川さゆり)、女学生(安達明)、無縁坂(グレープ)&青春、あゝりんどうの花咲けど(舟木一夫)&青春、沓掛時次郎(橋幸夫)&丸、快傑ハリマオ(三橋美智也)、涙になりたい(西郷輝彦)、智恵子抄(2代目コロムビア・ローズ)、母の鞄(Nobby(ノビー))、結婚しようよ(吉田拓郎)、サチコ(ニック・ニューサ)、ふるさとのはなしをしよう(北原謙二)&丸

■丸:池上線(西島三重子)、気まぐれ雨(クールファイブ)、長崎の夜はむらさき(瀬川瑛子)、さくらの花よ 泣きなさい(黛ジュン)、この虹の消える時にも(西郷輝彦)、銀の鎖(ザ・リンド&リンダース)、6番のロック(美樹克彦)、私鉄沿線(野口五郎)、恋のバイカル(梢みわ)、二人の星をさがそうよ(田辺靖雄)&青春

■愛:春一番(キャンディーズ)&花子、大阪ラプソディー(海原千里・万里)、&タケ、愛人(テレサ・テン)、いい日旅立ち(山口百恵)、もしも明日が(わらべ)、幸せはすぐそこに・・・(天童よしみ)、東京セレナーデ(都はるみ)、初恋(舟木一夫)、二輪草(川中美幸・弦哲也)&青春、流恋草(香西かおり)、昭和の歌など聴きながら(八代亜紀)

■タケ:
お久しぶりね(小柳ルミ子)、いつでも君は(水前寺清子)、北のなごり駅(三田明)、ともだち(南沙織)、ひとりじゃないの(天地真理)、木枯しの二人(伊藤咲子)、涙のラブソング(北原ミレイ)、君にありがとう(三田明)、よろしく哀愁(郷ひろみ)、アマン(菅原洋一&シルビア)&丸、蜩(長山洋子)、二人でお酒を(梓みちよ)

■花子:リンゴの花咲く町(高石かつ枝)、赤い風船(浅田美代子)、秋止符(アリス)、明日は咲こう花咲こう(三田明&吉永小百合)&石&青春、また君に恋してる(坂本冬美)、ぼくのおばあちゃん(黒石悠以)

■石:美しい時代をもう一度(三田明)、アイビー東京(三田明)、国道18号線(フランク永井・松尾和子)、いつまでもいつまでも(ザ・サページ)&青春、七色仮面の歌(近藤よし子)、君たちがいて僕がいた(舟木一夫)&青春、若い二人の心斎橋(三田明&吉永小百合)&タケ、霧の中の少女(久保浩)&青春、草笛を吹こうよ(三条江梨子・浜田光夫)&丸、新潟ブルース(美川憲一)、青春の城下町(梶光夫)、この手のひらに愛を(ザ・サページ)

■ヒロ:白いブランコ(ビリー・バンバン)、ああ上野駅(井沢八郎)、瀬戸の花嫁(小柳ルミ子)、秋冬(原大輔)、あなたのすべてを(佐々木勉)、四季の歌(芹洋子)、倖せはここに(大橋節夫)、今日の日はさようなら(森山良子)、真夜中のギター(千賀かほる)&青春、小樽のひとよ(東京ロマンチカ)、青春時代(森田公一)、北上夜曲(マヒナスターズ)


※以上91曲(書記:かん)