2009年最後を飾る青春オフ会開催!!(^O^)

★「2009青春忘年会」★

★日 時:2009年12月5日(土) 午後1時〜7時
★場 所:東京
★参加者:男性5名、女性2名。
★内 容:いい歌を歌い残すことなく歌いましょう!!


★左から、オバQさん、丸ちゃん、かんちゃん、愛さん、いつでも夢男さん、青春。(撮影:花子)

 12月5日(土)・・・今年最後となる歌会「2009青春忘年会」を開催。(^O^)

 今年の最後を飾るには、常連のタケちゃんや空さんが都合で参加できないとの事で、華の女性陣が花子以外は愛さんだけと淋しい感じでしたが、常連の丸ちゃんとかんちゃん、それに7月に初参加してくれたオバQさんといつでも夢男さんが参加で、男性陣は歌上手の猛者(?)が集まる、年の締めに相応しい歌会となりました。

 オバQさんが、会場地の複雑な地下街の出口を間違えて到着が少し遅くなりましたが1時過ぎには無事到着し、いよいよ「青春忘年会」の第1部の歌会の始まり始まり〜!!
 まずは声慣らしで「青春オフ会の歌」を全員で歌唱。一気に歌会モードに突入です。
 私の1曲目は「青春熱く!」トピのテーマともなっている舟木一夫の「君たちがいて僕がいた」を、先日(11月24日)亡くなられた丘灯至夫さんを偲んで歌唱。
 続く三田ファンの夢男さんは、ジャズっぽいリズムが粋な三田明の「アカシアは咲いた」をムードたっぷりに歌唱すると、かんちゃんが、青春オフ会では初披露となる梶光夫の「青春の城下町」を、丸ちゃんは、西郷ファンの人気曲「から松林のわかれ道」を歌い上げ、そしてオバQさんは岡っぱるの「青春のパラダイス」を軽やかに歌い、まさに「青春忘年会」に相応しい幕開けとなりました!(^^♪

 この後の私は、「君と歌ったアベマリア」「雨の中の二人」「美しい時代をもう一度」と、四天王の曲をひと通り気持ちよく歌いました。
 夢男さんは、三田ファンらしく「サロマ湖の空」「僕のそばには君がいる」「しあわせ追いかけて」と三田の曲を続けて歌唱し、後半は美川憲一やピーターらの物まねで会場を沸かし、「瞼の母」「大忠臣蔵」のセリフ入りでスケール感のある歌をたっぷりと歌い上げてくれました。
 かんちゃんは練習の成果を存分に生かして、青春歌謡、懐メロ、フォーク、叙情歌など多彩な歌を、かんちゃんなりのしっとりとした歌唱で披露してくれました。
 丸ちゃんは相変わらずの歌唱力で、青春歌謡、ムード歌謡、フォークソングをたっぷり聴かせてくれました。異色は島倉千代子の「涙の谷間に太陽を」。女性歌とは思えない新鮮な歌唱で聴かせてくれたのにはビックリでした!
 オバQさんも、橋幸夫、舟木一夫、佐々木新一などレパートリーの広さを伺わせる歌唱が続き、圧巻は伊藤久男の「ブラジルの太鼓」。伊藤久男と言えば「イヨマンテの夜」しか知らなかった皆さんは「こんな歌があったの?」と驚きでした。こうした発見があるのもこのオフ会ならではですね。
 愛さんは二巡目から「夢先案内人」「ブルー・ライト・ヨコハマ」とリズミカルな歌を聴かせてくれ、少し遅れて到着した花子が「外は雨が降り出した」と「氷雨」を歌った後は、二人で「UFO」の振りつきに始まり「大阪ラプソディー」や「恋のバカンス」などパフォーマンス歌謡で歌会に華やかさを加えてくれました。(^^♪

 名古屋から参加のオバQさんは、午後5時に退席。最後の歌唱曲は別れを惜しむように「高原の駅よさようなら」とは・・・なかなか洒落てます。
 夢男さんと愛さんも、翌日早朝からの仕事があるとの事で6時過ぎに退席。夢男さんの最後の歌はやはり三田で、初心に戻り「美しい十代」でさようなら〜♪

 残ったのはいつもの4人。(丸ちゃん、かんちゃん、私、花子)
 丸ちゃんが「パァ〜ットGSやりたいですね」の一言に即OK!ワイルドワンズの「青空のある限り」、タイガースの「君だけに愛を」を、丸ちゃんと私でフルパワー歌唱!・・・で、かんちゃんは太田裕美の「りんごのひとりごと」・・・?(^_^;)
 トリは花子で、中村晃子の「虹色の湖」。ここで丸ちゃんとかんちゃんは立ち上がって歌に合わせて懐かしいゴーゴーダンスを披露。どう見ても「どじょうすくい」でしたが・・・。(^_^;)

 最後は、恒例のエンディングソング「仲間たち」(替え歌)を歌って「2009青春忘年会」の歌会のお開き。(いやぁ〜6時間、たっぷり歌った〜!!)(^^♪


●愛さんと花子の「UFO」パフォーマンス!!(^_^;)

♪参加者歌唱曲一覧(歌唱順、敬称略)

<オープニング>(全員)
「青春オフ会」の歌(「美しい十代」替え歌)

■青春:君たちがいて僕がいた、君と歌ったアベマリア、雨の中の二人、美しい時代をもう一度、あゝ青春歌謡よ永遠に(「あゝ青春の胸の血は」の替え歌)、潮風を待つ少女、雨の夜汽車(&かん)、江梨子、男と女の破片(&丸)、希望の詩、恋人をさがそう、恋をするなら、君だけに愛を(&丸)、金沢望郷歌

■いつでも夢男:アカシアは咲いた、サロマ湖の空、僕のそばには君がいる、しあわせ追いかけて、高校三年生、うたかたの夢、北の漁場、献身、瞼の母、おまえに、大忠臣蔵、さそり座の女、美しい十代

■愛:夢先案内人、ブルー・ライト・ヨコハマ、愛いのち、初恋、大阪ラプソディー(&花子)、恋のバカンス(&花子)、東京セレナーデ、君だけを、幸せはすぐそこに…、翼をください、愛のままで…

■かん:青春の城下町、女学生、背広姿の渡り鳥、わかれ道、赤い夕陽の故郷、白い花の咲く頃、恋の船頭さん、若い二人の心斎橋(&愛&花子&丸)、夕陽の丘(&愛)、花と小父さん、北風、別れの磯千鳥、りんごのひとりごと〔太田裕美〕

■丸:から松林のわかれ道、あゝりんどうの花咲けど、来た道・寄り道・帰り道、涙の谷間に太陽を、6番のロック、ノーチェ・デ東京、あん時ゃどしゃ降り、はたちの詩集、弾き語り、戦争は知らない、(&青春)、赤毛のおんな(&夢男)、東京、青空のある限り(&青春さん)

■オバQ:青春のパラダイス、白い制服、初恋、君が好きだよ、おけさ唄えば、明日は咲こう花咲こう(&愛&花子)、ブラジルの太鼓、草笛を吹こうよ(&愛)、カラオケ流し、高原の駅よさようなら

■花子:氷雨、おもちゃのチャチャチャ、UFO(&愛)、林檎をかじりながら、愛するってこわい(&愛)、時の流れに身をまかせ(&かん)、流恋草、黄昏love again、愛の終わりに〔高田みづえ〕、硝子のピアス、池上線、虹色の湖

<エンディング>(全員)
■仲間たち(「仲間たち」替え歌)

以上全88曲。(書記担当:かんちゃん)

 「♪歌が終われば〜楽しい宴〜」と、4人で近くの居酒屋で第二部の懇親会。
 楽しい歌談義の時間もあっという間に過ぎ、丸ちゃん、かんちゃんとさらなる「青春熱く!」の結束を約してお開きとなりました。

 参加の皆様、ありがとうございました!!チャンチャン!(^^♪(^^♪