新メンバー・オバQさん、夢男さんらを迎えての青春オフ会開催!!(^O^)

★青春オフ「楽しく歌おう会」★

★日 時:2009年7月18日(土) 午後1時〜7時
★場 所:東京
★参加者:男性4名、女性4名。
★内 容:色んないい歌をいっぱい歌いましょう!!


★左から、花子、はっちゃん、タケちゃん、愛さん、かんちゃん、オバQさん、いつでも夢男さん、青春

 7月18日(土)・・・2009年初となる歌会「楽しく歌おう会」を開催。(^O^)
 14日には梅雨明けとなった東京でしたが、この日はどんよりとした曇り空・・・時折、雨もぱらつく天候でしたが、会場は新しい青春仲間を迎えて熱気のある集いとなりました。(^O^)
 当初、開始時刻は午後3時を予定していましたが、遠く愛知県からオバQさんが初参加と言う事で午後1時に繰り上げ、今回も7時までの延々6時間(プラス懇親会2時間)の長丁場開催となりました。

 集合時刻の15分前・・・やはり最初に現れたのは、今回の参謀役かんちゃんでした。続いて、初参加のいつでも夢男さんと愛ちゃんが到着。1時には間に合わないかも知れないとの事でしたが、早々と到着してくれました。
 1時過ぎには、オバQさんも無事到着。いよいよ「楽しく歌おう会」の幕開けです。(^^♪

 それぞれの紹介を終えて、替え歌「青春オフ会の唄」で全員のど慣らしの後、私(青春)のテーマソング(?)「あゝ青春の胸の血は」でスタート。
 続いては、私の隣に座った初参加のいつでも夢男さん。2007年10月に六本木で行われた「三田明芸能生活45周年記念ファンの集い」でタケちゃんの紹介で知り合い、青春オフ会にお誘いしてしていたのがようやく今回実現。記念すべき1曲目の選曲は、やはり三田明で「アイビー東京」。期待通りの歌唱力で、一気に青春モードに突入です!(^O^)
 続いての順番は、これも初参加の愛ちゃんでしたが、遠慮して一順目はパス。(この後の発声に期待です)
 お次は、我らがかんちゃん。まずは佐々木新一の「りんごの花が咲いていた」で、かんちゃんの持ち味の高音を生かした粛々とした歌唱での船出です。
 お待たせしました、初参加のオバQさん。最初のナンバーに選んだのは、西郷輝彦の「チャペルに続く白い道」でした。カラオケの審査員等の経験をお持ちのオバQさん。さすがに歌を崩さないまじめな歌唱でオバQさんの人柄が感じられます。
 どんじりは花子。前日までの「おばあちゃん役」から解放されて、はつらつと中村晃子の「虹色の湖」を熱唱!(^^♪

 二順目は、私は北原謙二の名曲「ふるさとのはなしをしよう」を、夢男さんは三田明の新曲「美しい時代をもう一度」を歌唱。(タケちゃんが来たら私が歌おうと思っていたのに先を越されてしまった!)(>_<)
 愛ちゃんは「三田明のファンだけど、歌は舟木一夫が好き」と、青春オフでは初めての舟木の「初恋」を哀愁たっぷりに披露。(後で聞いたら、かんちゃんが以前歌った事があるとか?記憶に残ってなくてゴメンなさい)m(__)m
 かんちゃんが2曲目に選んだのは意表をつくフォークソングでマイク真木の「バラが咲いた」。(ここでタケちゃんが遅れて到着。はっちゃんは、さらに1時間遅れで到着)
 そしてオバQさんの2曲目は、いよいよ本領発揮の美空ひばりの「あの丘越えて」。東海林太郎か藤山一郎を思わせる正統派歌唱で聴かせてくれました。
 タケちゃんの1曲目は、私のリクエストで夏の季節にふさわしい伊藤咲子の「ひまわり娘」を歌ってくれ、会場にはパッと一面ひまわりの花が咲き乱れます。(^O^)/
 この後、夢男さんの芸達者な上に素晴らしい歌唱力で聴かせる歌の数々、オバQさんの朗々とした心に染み渡る名曲の数々、そしてレギュラーメンバーの変わらぬ歌声で、今回もあっと言う間の6時間が過ぎて行きました。
 オバQさんは、遠方のため5時前には退出。それでも当初の予定の3時を1時間半以上もオーバーで参加してくれました。(感謝!)

   

           

♪参加者歌唱曲一覧(歌唱順、敬称略)

<オープニング>(全員)
「青春オフ会」の歌(「美しい十代」替え歌)

■青春:あゝ青春の胸の血は、ふるさとのはなしをしよう、水色のひと、希望の詩、恋をするなら、渚の女、僕のそばには君がいる、雨の中に消えて、都会の子守唄、若い東京の屋根の下(花子さんとデュエット)、イルカに乗った少年、青春の城下町

■いつでも夢男:アイビー東京、美しい時代をもう一度、銭形平次、うたかたの夢、アカシアは咲いた、熱海の夜、大忠臣蔵、さそり座の女〔美川のもの真似入り〕、男はつらいよ、美しい十代〔三田のデビュー時のもの真似入り〕、母ざんげ、契り

■愛:初恋、恋のしずく、かしこい女じゃないけれど、涙そうそう、ごめんねジロー(&花子)、もしも明日が、昭和の歌など聴きながら、秋止符、今夜は離さない(&かん)、いい日旅立ち

■かん:りんごの花が咲いていた、バラが咲いた、風の盆〔菅原洋一〕、柿の木坂の家、腕に虹だけ、渚のセニョリーナ、大東京音頭、アマン(&タケ)、無縁坂、花のメルヘン、月の法善寺横町、故郷の人々

■オバQ:チャペルに続く白い道、あの丘越えて、お月さん今晩わ、さすらい〔克美しげる〕、浅草の唄、栄冠は君に輝く、仲間たち

■タケ:ひまわり娘、恋する夏の日、涙のラブソング、青春という名の旅人、美しい時代をもう一度、倖せさがして、いつでも君は、よろしく哀愁、若い二人の心斎橋(青春&夢男&かん)、二人でお酒を

■はつ:しあわせ追いかけて、しあわせの法則、流恋草、みれん、美しい時代をもう一度

■花子:虹色の湖、愛のままで・・・、年下の男の子(&タケ)、津軽恋つづり、真夜中のギター、バス・ストップ、少年、越前恋歌、雨の夜あなたは帰る、ぼくのおばあちゃん、明日は咲こう花咲こう(&愛)、赤い風船

<エンディング>(全員)
■仲間たち(「仲間たち」替え歌)

以上全84曲。(書記担当:かんちゃん)

 歌会終了後は、近くの居酒屋で恒例の懇親会。
 歌談義もさることながら、一番熱が入ったのは・・・「年金問題」。数年前の懇親会では考えられなかった話題ですね。ハハハ(^_^;)

 そんなこんなで懇親会の2時間もあっという間。再会を約してお開きとなりました。
 チャンチャン!(^^♪