ニューフェイス・アキラさんを迎えての青春オフ会開催!!(^O^)

★「2008青春忘年会」★

★日 時:2008年11月29日(土) 午後1時〜7時
★場 所:東京
★参加者:男性4名、女性3名。
★内 容:青春歌謡を始め、いい歌をいっぱい歌おう!


<左から>はっちゃん、空さん、タケちゃん、かんちゃん、丸ちゃん、アキラさん、青春

 2007年5月以来、約1年半ぶりとなる青春オフ会の開催です。(^O^)
 いつもなら午後1時からのスタートのところ、久々でもあり私の還暦を過ぎた体力的なことも懸念して、念のため午後3時からのスタートに設定。

 しかし・・・何かうずうずして早く歌いたくて、他の青春仲間の皆さんには内緒(ゴメン!)で、事前に丸ちゃんと連絡を取り、「前哨戦」として二人で歌おうと、午後1時に会場で待ち合わせをしました。(^_^;)
 でも、やはり「かんちゃんも誘わないとまずいかな?」と思い、丸ちゃんにお願いしてかんちゃんにお誘いの携帯メールを送ってもらいました・・・が、返信が無いので、とりあえず二人で会場のカラオケボックスへ。
 丸ちゃんとの久々の再会を祝し乾杯の後、早々に二人のコラボを開始。まずはGSのナンバーからスタート。ブルコメの「雨の赤坂」「さよならの後で」、そしてタイガースの「青い鳥」「花の首飾り」、ワイルドワンズの「青空のある限り」・・・ぶっつけ本番ながら、丸ちゃんとのイキはピッタリ。コラボは絶好調!!(^O^)
 この間に、かんちゃんから連絡があり、タケちゃんたちと昼食を終えたのでこちらへ向かっているとのこと。そして、「ブルーシャトウを君だけに」を歌っている時に、かんちゃん、タケちゃん、それに初参加のはっちゃんが到着。
 かんちゃんも早速参入で「青春サイクリング」「あゝ青春の胸の血は」を懐かしいハイトーンで披露してくれました。この時間は、タケちゃんたちは聞き役に徹してくれ、私たちにリクエストをしてくれたので、丸ちゃんと「男と女の破片」「想い出迷子」を熱唱。ん、いいハーモニーだ!(^^♪そして三田ファンの二人のために「サロマ湖の空」「美しい十代」を。
 そうこうしているうちに予定の時間はあっという間に過ぎて午後2時半。空さんと初参加のアキラさんをお迎えに・・・と思ったら、私たちの部屋の前を通り過ぎる影が・・・。「今の空さんじゃない!?」私の奇声で、はっちゃんが廊下を見渡せどその姿が見当たらない様子・・・。確かに空さんだったと思うけど???
 とりあえずボックスを出てエレベーターホールへ行くと、ちょうどホール前のボックスの中のモニター画像が見えて、何とそこに流れているのは三田明の「ごめんねチコちゃん」。どんな人が歌っているのかと覗いて見ると、何とそこにいたのは空さん!ひとりでこっそりコソ練かぁ〜!!(^O^;)
 何はともあれ、新人のアキラさん以外は、結局みんな早めに集まっていたと言うわけでした〜。

★空さん
 花子が参加出来なかったからかも知れませんが、残念ながら、今回は歌声を聞く事が出来ませんでしたね。その分、書記役に徹していただき、皆さんの歌唱曲をしっかり書き留めてもらって、ありがとうございました。でも・・・開催前のひと時。一人でカラオケボックスに入り、「こそ練」していたのを、私は、知っています・・・よ。(^_^;)その成果は、次回への持越しですね。楽しみにしていますネ!

★タケちゃん
 今回も、明るく楽しい歌声が聴けました。そして、何よりもビックリしたのは歌の上達振り!(^O^)1曲目の「いつでも君は」は、タケちゃんにマッチした歌ですが、本当にその表現力が、バッチグゥ〜でした。これからも、青春オフ会の「ひまわり」として、大きな花を添えて下さいね!(^_-)-☆

★丸ちゃん
 色々なお誘いを蹴っていただいて、青春オフ会への参加、ホントにありがとうございました。(^O^)久々に聴いた丸ちゃんの歌唱でしたが、相変わらずの技巧派・・・抑揚のある素晴しい歌が聴けました。そして何よりも、久々のコラボが嬉しかったです。前哨戦、本番とも、打ち合わせ無しでバッチリでしたね!(^_-)-☆二次会では、少し体調を崩されたようで心配しましたが、大丈夫だったようで安心しました。ぜひまた、新しい二人のレパートリィーでチャレンジしましょうね!

★かんちゃん
 期待通り「武者修行」で鍛えた「のど前」が冴えていましたね。歌がひと回りもふた周りも、上達したように聴こえました。もっと演歌系が多いのかと思ったら、一番多く青春歌謡を歌ってくれたのがかんちゃんでしたね。会の趣旨を盛り上げていただいて、感謝です。(^^ゞ次回、次々回と、これからもかんちゃんの歌声が楽しみです。今後とも、ヨロシクでっす!

★アキラさん
 いやぁ〜〜〜、まさに「大型新人現る〜〜!!」でした。魅力ある低音、高音、節回し、ビブラート・・・にビックリ!「赤いハンカチ」では裕次郎に、「亜麻色〜」では清水に、「十七才〜」では西郷に、「小樽のひとよ」では三条に・・・と、それぞれの歌手を思い起こさせる、素晴しい歌唱。(^^♪参加の女性陣も、すっかりアキラさんの虜になったようですね。(もともと、明ファンの人たちばかりでしたが・・・)(^_^;)もうあなたも「青春オフ会」には、欠かせない存在になりました。これに懲りず、ぜひこれからもよろしくお願いしますネ!(^_-)-☆

★はっちゃん
 私と同い年との事でしたが、さすがに「三田さん追っかけ」をやっているだけあって、タケちゃん同様、元気で明るい方でした。歌も「あの歌はキーを4つ上げて」「この歌はキーを・・・」と、ずいぶん歌いなれている様子で、自分なりのいい歌を聴かせてくれました。今後とも、タケちゃんのお誘いを断らずに、ぜひ「青春オフ会」へ、お越し下さいませ〜。(^^♪

♪参加者歌唱曲一覧(敬称略)

■青春:恋をするなら、あゝ青春の胸の血は、チャペルに続く白い道、アイビー東京、希望の詩、都会の子守歌、イルカにのった少年、数寄屋橋ブルース、君だけに愛を、君が好きだよ

■タケ:いつでも君は、お久しぶりね、木枯しの二人、あなたがいたから僕がいた、虹をわたって、蜩、涙のラブソング、ともだち、倖せさがして、若い二人の心斎橋(&青春・かん・丸)

■丸:涙になりたい、吾亦紅、江梨子、銀の鎖、ちいさな春、妻を恋うる唄、青いリンゴ、新地ワルツ、京都恋歌、君でいっぱい

■かん:有難や節、鉄橋をわたると涙がはじまる、胸に飾ろう幸せを、恋人ジュリー、忘れないさ、願い星叶い星、これから音頭、潮風を待つ少女、メモリーグラス、ぼくの妹

■アキラ:赤いハンカチ、亜麻色の長い髪、十七才のこの胸に、いとしのマックス、霧の摩周湖、小樽のひとよ、あなただけを、円山・花町・母の町、ブルーシャトウ、うそ

■はつ:青春という名の旅人、薔薇の涙、ブルー・ライト・ヨコハマ、せめて10秒、流恋草、みれん、赤毛のおんな、雨の青山、しあわせ追いかけて、美しい十代

以上全60曲(書記:空さん)

歌会の後は、恒例の懇親食事会を開催。