Yahoo!「青春熱く!」トピ開設四周年記念

★青春オフ「楽しく歌おう会」★

★日 時:2005年6月18日(土) 午後1時〜7時
★場 所:東京
★参加者:男性8名、女性8名。
★内 容:青春歌謡を始め、いい歌をいっぱい歌おう!!


<参加者>左から、かんちゃん、丸ちゃん、イマさん、あっきーさん、何ださん、まささん、半次郎さん、青春
愛さん、ともこさん、迷いネコさん、タケちゃん、マコさん、花子、空さん、し〜ちゃん

2001年6月23日に、Yahoo!掲示板に「青春熱く!」トピが誕生して、間もなく満4年。それを記念した♪青春トピ開設四周年記念オフ「楽しく歌おう会」を開催するべく参加者を募ったところ、オフ会史上最高の16名の青春仲間から参加希望があり、これまでにも増して賑やかな、楽しいオフ会が、6月18日に開催されました〜。(^O^♪

開演予定の午後1時には、遅れると連絡があったともちゃんと丸ちゃん以外は、全員が揃い・・・と思ったのですが、初参加のまささんが現れてくれません。道に迷ったのか、急きょ来れなくなったのか? 心配でしたが連絡がつかず、とりあえずスタートすることにしました。そして、私が主催者挨拶を始めたところで、まささんから携帯に連絡が入りました。「都合で30分ほど遅れます」と。とりあえずひと安心・・・でした。(^_^;)

まずは、トピ四周年記念企画の「美しい十代の替え歌」入賞曲の披露。2〜4位の作品を1コーラスづつ。それに、オフ会参加者の作品を1コーラスづつ披露していただきました。それぞれ個性ある歌詞に一喜一憂しながら、楽しくみんなで合唱しました。
そして、替え歌披露の最後の曲として(これは私の1曲目の歌唱曲として)私の優勝作品「青春オフ会の歌」を披露させていただきました。もちろん、皆さんも大きな声で合唱してくれ、会場は一気にオフ会モードへと突入しました。\(^o^)/

続いては、あっきーさんがお約束通り橋の「雨の中の二人」を、梅雨のうっとうしさを吹き飛ばすように元気に歌唱。そして、半次郎さんがアリスの「秋止符」をしっとりと聴かせます。さらに、青春とは何ださんが「から松林の別れ道」で青春歌謡の大道を聴かせ、し〜ちゃんが弘田三枝子ばりのパンチと若さで「ヴァケーション」を振り付きで歌い上げ会場はさらにヒートアップ!です。
そうした所へ、まささんが無事到着。「あれ?おやじ探偵さん?」と思うほど、一見雰囲気が似てましたが、おやじ探偵さんよりは少し大柄でした・・・。(^_^;) ここで歌を中断し、冒頭でうっかり忘れていた参加メンバーの紹介を、私の方からさせていただきました。

さあ〜、歌会の再スタートです。謎の老紳士(?)イマさんが橋の「伊太郎旅唄」を絶妙の節回しと味で聴かせてくれます。(ホントにこの人は、只者じゃない)そして半年振りのオフ会参加のかんちゃんが、練習をたっぷりしてきたと言う三田の「サロマ湖の空」を朗々と歌い上げ、三田ファンから喝采を浴びます。空さんが「恋しているんだもん」を歌うと全員が手拍子で会場が盛り上がります。花子が懐かしい「柴又初恋門前町」をしっとりと歌い上げ、マコさんが甘い節回しで「春のおとずれ」を聴かせます。タケちゃんは3ヶ月ぶりの再会の気持ちを「お久しぶりね」で明るく表現。ネコちゃんはアグネスの「草原の輝き」を新バージョンのアレンジで聴かせてくれました。一巡の最後は、愛さんが松任谷バージョンの「まちぶせ」を軽妙に歌い上げてくれました。(途中、遅れていた丸ちゃん、ともちゃんが到着)

さあ、初参加のまささんの登場です。私が「何歌ってくれます?」と聞くと、その風貌に反して(?)小さな声で「霧の中の少女をお願いします」と。「おぉ〜、選曲もおやじ探偵さんと同じだ!」と私は心の中で呟きました。(2曲目に「潮風を待つ少女」のリクエストがあった時は、もう間違いなく兄弟か親戚だと思いましたよ〜)(^_^;)「霧の中の少女」を歌い出したまささん。いやぁ〜実に素直な爽やかな歌唱でした〜。まささんも本当に青春歌謡を好きなんだなあ、愛してるんだなあ・・・と実感しました。新しい青春仲間の誕生に感激です!
そして、白のスーツにグラサンで現れた丸ちゃん(一見こわ〜いお兄ちゃん風(^_^;))の一曲目は、西郷の「三日月のバロック」。相変わらずのパフォーマンスで聴かせてくれます。ともちゃんは、忘れもしないオフ会初参加以来定番となった「林檎の花咲く町」を相変わらずの歌唱力で披露してくれました。(^_^)v

こうして歌会は、次々と時間を惜しむようにそれぞれ思い入れのある歌が途切れなく披露されました。そして5順したところで予定の6時間は残り30分。全員が1曲づつ歌う時間はありません。そこで私が提案したのは「デュエット・コーナー」。丁度男女8名づつの16名の参加ですから、ペアが8組出来ます。でも誰と誰が組むかをそれぞれで決めていると時間がかかるので、急きょ「くじ引き」を提案! 男性陣の名前を書いた「くじ」を作り、これを女性陣にひいてもらえば、自然とペアが決定すると言う趣向です。
結果、空さんが何ださん、ネコちゃんがイマさん、ともちゃんがあっきーさん、タケちゃんがかんちゃん、花子が半次郎さん、愛さんが丸ちゃん、し〜ちゃんがまささん、そして、マコさんが青春を引き当て、一喜一憂(?)がありましたが、それぞれが和気藹々とデュエット曲を決め無事歌い終わりました。(我ながらいいアイデアだったと思います)(^_^)v

最後に、「仲間たち」(「仲間たち」替え歌)、そして「青春オフ会の歌」(「美しい十代」替え歌)を全員で歌唱してお開き。ホントに楽しい、あっという間の青春オフ会でした!(^^♪

※参加者の皆さんのコメントは、<男性編><女性編>をクリックして下さい!

♪参加者歌唱曲一覧(歌唱順、敬称略。書記担当:空)
<オープニング>(「美しい十代」替え歌メドレー)全員
熱く燃え青春(作詞:淋しくて)、我ら青春(作詞:床マサ)、美しい十代よ永遠に(作詞:柱)/心にしみる青春(イマ)、共に歌おう青春歌謡(青春とは何だ)、美しい中高年(あっきー)/楽しい思い出(タケ)、青春BBS讃歌(かん)、夢の恋人〜先生♪(丸)

■青春:「青春オフ会」の歌(「美しい十代」替え歌)、恋をするなら、チャペルに続く白い道、君たちがいて僕がいた、男と女の破片
■あっきー:雨の中の二人、若いふたり、津軽の花、花咲く乙女たち、北の雪虫
■半次郎:秋止符、夢一夜、風花の恋、酒ひとり、よせばいいのに
■青春とは何だ:から松林の別れ道、ひとり旅、舞妓はん、さよならさよならさようなら、ダンシング・ロンリー・ナイト
■し〜:ヴァケーション、チェッチェッチェッ、学園広場、可愛いベイビー、甘い十字架
■イマ:伊太郎旅唄、北の大地、ルイジアナ・ママ、涙そうそう、兄弟仁義
■かん:サロマ湖の空、君だけを、初恋、潮来笠、離別(イビヨル)
■空:恋しているんだもん、京都慕情、ごめんねチコちゃん、真夜中のギター、美しい十代
■花子:柴又初恋門前町、世界は二人のために、愛は煌めいて、ふたりの大阪(&空)、愛彩川
■マコ:春のおとずれ、中山七里、折鶴、おもいでの雨、長崎の夜はむらさき
■タケ:お久しぶりね、涙のラブソング、若葉のささやき、命くれない、二人でお酒を
■迷いネコ:草原の輝き、ラブ・バラード、乙女のワルツ、逢いたくて逢いたくて、海峡恋歌
■愛:まちぶせ、時代おくれ、高原列車はいく、恋のしずく、川の流れのように
■まさ:霧の中の少女、潮風を待つ少女、青春の城下町、青葉城恋歌
■丸:三日月のバロック、はたちの詩集、遠くで汽笛を聞きながら、浪花盃
■ともこ:林檎の花咲く町、夕月、街のサンドイッチマン、恋月夜


●「くじ引き」で決まったペアでのデュエット・コーナー。

<デュエット・コーナー>
■明日は咲こう花咲こう(空&何だ)、北空港(ネコ&イマ)、いつでも夢を(ともこ&あっきー)、若い二人の心斎橋(タケ&かん)、星空に両手を(花子&半次郎)、東京ナイト・クラブ(愛&丸)、星空に両手を(マコ&青春)、そこは青い空だった(し〜&まさ)

<エンディング>
■仲間たち(「仲間たち」替え歌)、「青春オフ会」の歌(「美しい十代」替え歌)


●エンディングは全員が立ち上がって別れを惜しみました。

♪歌が終われば 楽しい宴・・・とばかり、愛さん、ともちゃん、花子、それにまささんにお別れして、残りの12名は懇親食事会へ。
♪話あったら つきない仲間・・・トピ4周年にまつわる思い出話や、青春歌謡の話と、本当につきない話が色々と交わされました。ここでも予定の2時間はあっと言う間。名残惜しくここで一応解散です!
「皆さん本当に長時間お疲れ様でした〜。それじゃあまた次回!!」と三本締めが終わると同時に、どなたかから「青春さん、次はいつですか?」「来月予定空けてま〜す」と終わる間もなく次のオフ会の催促。嬉しいやら困ったやら・・・。(^_^;)「早めに企画します」と社交辞令を述べて解散となりました〜。
♪「それじゃあまたね」と 別れたけれど 歌い足りない 誰かが言えば・・・だったかどうか分かりませんが、噂ではこの後「上野四天王」が結成されて歌い明かされたとか・・・。皆さん、ホントに好きですねぇ〜。お疲れさん!チャンチャン!(^^♪