★第2回青春歌謡オフ会in大阪★

★日 時:2002年1月4日(金) 午後6時半〜
★場 所:大阪梅田
★参加者:男性4名、女性2名
★内 容:青春歌謡をただただ歌う。(^-^)

●トトロ
隼さん、いろいろお世話になりました。あおさん、ひなさん、お疲れ様でした。FUJIさん、素晴らしいお土産ありがとうございました。今年は最高の年に、いきなりなっちゃいました!(笑)
隼さん、今回はマイク持つ回数が少なかったのでは?でも、「はやぶさの歌」も歌えたし、「涙の敗戦投手」「成人のブルース」とカラオケにない歌が歌えたので最高だったでしょう?
あおさんも、念願の?「右衛門七討ち入り」歌えましたね。それに「東京百年」「敦盛哀歌」と時代ものは、あおさんにおまかせですね。あ、もちろん、「あの娘たずねて」「君が好きだよ」は最高ですよ。でも♪君が好きだよ〜のフレーズの時にσ(^_^)を見つめるのは止めてください。っていうのは冗談ですよ。冗談。怒らないでくださいね。
ひなさんは「ゆうべの秘密」「恋のしずく」「いつでも夢を」「美しい十代」と楽しく歌ってらっしゃったけど、人の頭を小突くのは止めて下さい。(笑)
FUJIさんはものまねをするくらいの余裕?でしたね。歌詞もほとんど頭の中に入ってるみたいで、すごい!それに、FUJIさんを見てると、青春さんを思い出しました。どこか似てますよ。歌の最後のほうをグーッと伸ばして歌うとこなど、そっくり。そして、今でも舟木ファンの現役なんですね?ああ、それに、裏方ばかりさせて申し訳ありませんでした。次回はFUJIさんが楽しんでください。
ちなみにσ(^_^)は「あゝ青春の胸の血は」「まだ見ぬ君を恋うる歌」「只今授業中」「高原のお嬢さん」「アイビー東京」「夕子の涙」「星のフラメンコ」「チャペルに続く白い道」、あおさんと一緒に「恋のメキシカンロック」と他にもありますが、充分に楽しませてもらいました。
隼さん、あおさん、ひなさん、そしてFUJIさん、ありがとうございました。感謝、感謝です。

●ひな
ハイ〜行ってきました。感想は〜〜すごいなぁ〜〜皆さんです。風呂なみ?(笑)いいえ〜プロなみでした。6時半から、4時間でしたか?歌いっぱなしでした。
食べるわ、飲むわ、歌うわ、、、あっ?これは、ひなでした。みなさんは、歌うわ、飲むわ、食べるわでしたよね(笑)
隼さん、幹事、大変ご苦労様でした。隼さんのお人柄、最高でした。ほんとうに感謝です。(^-*)V
ふじさんは、パソコン持参で、まあボックスにはない曲を次から次へと、まるでマジックのように流してくださってビックリでした。お荷物、重かったでしょう?
あおさん、全身クロでまとめたシックな装いで〜〜クラブ歌手のよう〜。お歌も、高音に聴き入っていました。メルトモさんにも、よろしく〜です。
トトロさん、ちょっと飲みすぎ?(笑)でも、エンジン全開でした。ひなが歌った、数少ない?(笑)小川知子、伊東ゆかり、美空ひばり、どの歌にも、絶大なる拍手をしていただきありがとう〜ございました。
青春さん、いかがですか?順調にご回復でしょうか?きっと、病院のベッドの上で、今頃?って思っておられたことでしょうね。隼さんの、名幹事で、見事にオフ会成功。皆さん、ありがとう〜御座いました。

●FUJI
昨日は大阪オフ会に参加させていただき、どうも有り難う御座いました。小生の持ち込みカラオケ、ビッグエコーの店員の「??」という視線を受けながらも、お役に立てて喜んでおります。
幹事の隼さんほか皆様に良くして頂き、感謝しております。
隼さん、トトロさん曲名をほとんど覚えておられて「えっ、こんなにあった?」なんていまさらながら驚いています。
あおさん、全曲音域を把握しておられ、それを全部守られるなんて、プロのこだわりですね。お連れの方とのデュエット御願いしたかったですね。
ひなさん 次回はもっとひばりメロディを聴かせてください。「二人の大阪」とかデュエットできればよかったですね。地域的な制限がありますが また呼んで下さい。

●あお
まずはお礼を!隼さんをはじめ、トトロさん、ヒナちゃん、フジさん、そしてメル友さん、大阪ではお世話になりました。おかげさまで楽しいひとときを過ごすことができました。
今回はホントに隼さんの歌が少なかった。どうしたんですか?
フジさん。お土産をありがとう♪
トトロさん、これからはアナタのことを「トボケのトトロ」と呼びましょうね。そしてフジさんを「駄洒落の大将」と。
ヒナちゃん、あーたはおもろい人だ!そして可愛い人だ。また、楽しませてねぇ〜

●隼
今回の特報はなんと言っても、フジさんの「ミディカラオケ」です。舟木一夫の曲を「高校三年生」から「蜃気楼」まで全70曲を自分でお作りになっているそうで、それを聴かせていただきました。そして歌いました。一般にない曲を歌わせてもらったのですから、もう最高です。「青春さんがいたら、どれだけ喜ぶでしょう」という言葉を何回使ったでしょう。
まず、「涙の敗戦投手」を隼が歌いました。ついで「はやぶさの歌」と続いて、あおさんの「右衛門七節」、「おみこし野郎」はみんなで、「山のかなたに」をフジさん、「あゝ青春の胸の血は」「たそがれの人」をトトロさん、フジさんが「東京百年」を。こんな曲まで自分で作って歌えるんですから、フジさんて幸せですね。
この辺りでもう1時間が過ぎてしまいました。その反動からか、カラオケボックスの演奏では、橋幸夫、西郷輝彦、三田明の曲が続きます。
トトロさんの「恋のメキシカン・ロック」「星のフラメンコ」、ひなさんと隼で「いつでも夢を」、隼が「星空のあいつ」、あおさんが「夕子の涙」、「おけさ唄えば」、詩吟入りで「花の白虎隊」、「星娘」、「あの娘たずねて」「君が好きだよ」、フジさんが「初恋によろしく」、ひなさんが「ゆうべの秘密」「恋のしずく」(小川知子の歌い方やな、とフジさん)、隼とひなさんで「3年目の浮気」、トトロさんとひなさんで「明日は咲こう花咲こう」、あおさんがアリスの「青春時代」を歌ったのでアリんス(フジさん言)。
さらにトトロさんが青春さんに代わって「まだみぬ君を恋うる歌」を熱唱、みんなで一緒に歌いました。「青春さんがいたら」「どんなに喜ぶことか」とここでも、青春さんの話になりました。多分、まだ歌えないんでしょうね。多分というより当分。
もう一人、あおさんのお連れの人が、最高に盛り上がっていたころお越しになりました。シックなとても魅力的な人でした。どこでお知り合いになるんでしょう、あおさんといい、トトロさんといい。
後半はまた舟木一夫に戻り、やはり青春さんをしのんで、「君たちがいて僕がいた」からスタート。「花咲く乙女たち」「北国の街」「友を送る歌」「水色のひと」「今日かぎりのワルツ」「絶唱」「学園広場」「火消し若衆」「東京は恋する」「成人のブルース」「あゝりんどうの花咲けど」「浜の若い衆」「敦盛哀歌」「銭形平次」「あいつと私」「夕笛」「青春の鐘」、橋幸夫の「すっ飛び野郎」、三田明の「アイビー東京」「恋人ジュリー」「美しい十代」、西郷輝彦の「十七才のこの胸に」「チャペルに続く白い道」、布施明の「これが青春だ」、フランク永井の「おまえに」(ひなさん涙ぐむ)などなど。まだあるかもしれませんが隼の記憶力ではこれが精一杯です。
という訳で、アトラクションに予定していたトトロさんとひなさんの「佐渡侯爵とまだヒスト」はカットされました。残念。ロープと鞭は用意していたんですが。ひなさん、よくトトロさんを小突いてましたね。日頃の仕返し? 後が怖いのでは。
トトロさんの記憶とだいたい合ってるのでホッとしました。でも「高原のお嬢さん」と「只今授業中」が抜けていました。確かに歌ってましたね、トトロさんが。それも僕がリクエストして。
しかし、4時間とぎれることなく歌える皆様に隼は恐れ入りました。脱帽。それに舟木の曲を一番知らないのも隼でした。橋幸夫オンリーに戻ります。
4日に出席していただいた、あおさん、トトロさん、フジさん、ひなさん、あおさんのお連れの方、みなさんありがとうございました。隼の事前の取材不足でカラオケボックスとしては随分高い使用料になってしまいました。申し訳ありません。30分単位の料金表示を1時間単位と誤って解釈していました。お詫びしておきます。

★この日、私(青春)も参加の予定でしたが、年末に虫垂炎のため緊急入院となり、
参加を断念せざるを得ませんでした。悔しい〜!
みんなのコメントを見てると、なおさら悔しい〜!!!
早い時期にリベンジ開催をしたいと思っています。
その時には、皆様、ヨ・ロ・シ・ク!(^-^)